ひとりで起業!個人事業の開業から確定申告まで > 開業時に必要な手続き > 所得税の青色申告承認申請書

開業時に必要な手続き

所得税の青色申告承認申請書

個人事業で所得を得ると、確定申告を行い所得税を納める義務が生じます。
確定申告には青色申告と白色申告があり 青色申告を選ぶ場合
所得税の青色申告承認申請書」を提出し事前に承認を得る必要があります。
ちなみに青色申告のほうが税金面で優遇されています。

書式名:  「所得税の青色申告承認申請書」

提出先:  納税地の税務署
         事業所の所在地が納税地と異なる場合も
         現住所の所轄税務署へ提出します。

提出期限: ケースによっていくつかのパターンがあります。
   /卦に事業を開始する場合
          開業日が1/1〜15  ・・・3/15までに提出
          開業日が1/16以降  ・・・開業日から2ヶ月以内に提出
   △海譴泙杷鮨Э醜陲世辰疹豺隋  \朕Э醜陲鮖呂瓩詛の  3/15までに提出
   青色申告者の事業を引き継ぐ(相続)する場合
          相続日が1/1〜8/31 ・・・相続日から4ヶ月以内に提出
          相続日が9/1〜10/31 ・・・12/31までに提出
          相続日が11/1〜12/31・・・翌年2/15までに提出 

記入方法

所得税の青色申告承認申請書 記入例

     税務署 欄には 提出先の税務署名を記入。
     職業欄は 事業内容を具体的に記入

「事業者又は所得の基因となる試算の名称及び所在地」欄は
   屋号や本店、〇〇支店の名称とその住所、電話番号を記入します。
   書ききれないときは適当な用紙に書いて添付する。

「所得の種類」欄は
   該当するものに〇印をつけます。2つ以上該当するならそれぞれに〇印を。

「いままでに青色申告承認の取消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無」
   がある場合は (1)の有と該当事項に〇印をつけ、取消しの通知のあった日又は
   取りやめの届出をした日を記入します。ない場合は(2)の無に〇印をつけます。

開業日又は相続による事業の承継の日が、1月16日以降の場合はその開業日を、
  相続による事業の承継の場合は (1)の有に〇印をつけ、相続を開始した日及び
  被相続人の氏名を記入します。

「簿記方式」欄は 税金対策に有利な複式簿記を選びましょう。

「備付帳簿名」欄は
   仕訳帳、総勘定元帳は必須です。その他事業により異なりますが
   現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳、売上帳などが必要になります。

 

CHECK! 現金式簡易簿記の方法により青色申告をしようとする人は、この書式ではなく、「所得税の青色申告承認申請書、現金主義の所得計算による旨の届出書」を用いて
申請します。

CHECK! 青色申告の承認を受けようとする年の12月31日(その年の11月1日以降新たに業務を開始した場合には、その年の翌年の2月15日)までに処分の通知がなかったときは、承認されたものとみなされます。

書式は国税庁のホームページからダウンロードできます
 ・・・ 「所得税の青色申告承認申請書(PDFファイル/261KB)」